THE FUTURE IS NOW

「きぼう」運用・利用 「きぼう」の運用・管理業務筑波宇宙センター内「きぼう」運用管制室

「きぼう」の管制業務を担当

筑波宇宙センター内の運用管制室から、国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」を24時間管制しています。
宇宙飛行士の活動を支えるために、モニタ・指示・解析を行い、空調・熱制御系・通信系など生命維持に関わるシステムを世界各国の管制官と連携して監視制御します。

運用管制員や宇宙飛行士の訓練を実施

宇宙飛行士と管制官の訓練を実施「きぼう」トレーナーでの宇宙飛行士訓練

運用管制員や宇宙飛行士の訓練を実施

JAMSSは、運用管制員や宇宙飛行士の訓練も担当しています。運用管制員には専門知識はもちろん、冷静な判断力、高度な英語力、円滑なコミュニケーション力が求められるため、当社では独自の養成カリキュラムのもと、2年近くに及ぶ訓練やシミュレーションを経て認定しています。JAMSS独自の養成訓練プログラムは、世界の関係者から信頼を置かれています。

当社の訓練インストラクタが朝日新聞の記事で紹介されました。
詳細 PDF はこちら

「きぼう」の技術支援を実施

「きぼう」の技術支援を実施ISS「きぼう」日本実験棟

「きぼう」の技術支援業務を実施

国際宇宙ステーションでは、電力や空気などのリソースを世界各国で共有して使用しています。そのため、「きぼう」を構成する様々なシステム機器や実験装置は、各国共通の規格を満たす必要があります。

JAMSSは、「きぼう」の新規システム機器/実験装置の適合性、安全性、運用性の評価・解析を行うほか、「きぼう」の健全性を確認し、不具合が生じた場合には、その対応策の検討や「きぼう」運用管制室のバックルームから管制官を技術的にサポートします。