THE FUTURE IS NOW

働くフィールド FIELD

宇宙技術で社会に貢献しています

国際宇宙ステーション(ISS)などの有人宇宙システムの安全管理および安全・確実な運用をリードするJAMSS。現在、宇宙開発を利用・運用という視点からリードするだけでなく、 宇宙で培った技術を広く一般の方々へ展開し、豊かな社会の実現に貢献しています。

宇宙が扉の向こうにある職場

JAMSSの運用管制官は、JAXA筑波宇宙センターの運用管制室から、国際宇宙ステーション「きぼう」を24時間体制で監視・制御する重要な仕事です。またJAMSSでは、衛星・ロケットに搭載する各種機器の開発支援や運用支援なども行い、高度な技術と創意工夫によって人々の生活をより豊かにすることに貢献しています。

JAMSSでは宇宙に関する情熱は勿論のこと、広い視野に立ち、自ら前進し、自ら考え、仲間と共に協力して力を発揮できる方を求めています。

新しい使命が待っています

宇宙開発技術というと、特殊なイメージが先行してしまうかもしれませんが、汎用性が高く、医療、製造現場、プラント、航空関係等、様々な業界への展開が可能です。JAMSSでは、日本の宇宙開発の一翼を担う中で蓄積してきた安全技術や人材育成ノウハウなどを民間企業に提供し、様々な業種の方々から好評をいただいています。

各部門で様々なバックグランドを持つ社員が、培った知識やスキルを武器に活躍しています。みな高い専門知識やスキルを要しているので、専門知識を学び、深められる職場環境です。

民間向けサービスは案件が増えていることもあり、実力次第で早期にリーダーというポジションで、プロジェクトをけん引できる道に進むことも不可能ではありません。医療、工場、航空業界などの幅広い業界に向けた新規事業にチャレンジしていただけます。あなたの知識や経験を最大限生かせるフィールドで、新たなステージへの一歩を踏み出してみませんか。