THE FUTURE IS NOW

IV&V技術者教育コースIndependent Verification and Validation Engineer education course

教育訓練IV&V技術者教育コース

IV&V技術者教育コース

ソフトウェア業界で注目されるIV&V

近年ソフトウェアの巨大化が課題とされています。巨大化・複雑化するソフトウェアは、航空・宇宙・自動車・鉄道・原子力・医療等の高い安全性を必要とするシステムにおいて欠かせない基盤となっており、想定外を想定した絶対的な安全性・信頼性が要求されています。

対応訓練

そのため、ソフトウェアの不具合は深刻な状況へつながる可能性があります。

1996年に80億ドルもの損失を生じたヨーロッパのロケット「アリアン5型」の爆発は、ソフトウェアの異常によるものと言われています。

ソフトウェアの誤動作は、経済損失のみならず人命への影響にもつながりかねません。

このような状況において、ソフトウェア業界では、IV&V(Independent Verification and Validation)が注目されています。

IV&Vとは、ソフトウェア信頼性向上と安全性確保を目的として行う、開発成果物(仕様書、ソースコード)に対する評価活動をいいます。
開発組織から技術面、組織面および資金面で独立している第三者が実施することから、「独立検証及び妥当性確認」とも呼ばれます。

第三者による安全評価が必要な理由

安全評価が必要な理由

システムのソフトウェアが機能要求通りに動作するかどうかは、開発後の試験で検証できますが、機能要求自体が間違っているかどうかは試験では検証できません。
さらに、不具合が試験で見つかった場合の改修コストは、設計段階で見つかった場合の100倍と言われています。
製品をより安全なものにしていくためには、開発組織とは別の第三者による客観的な目を利用して、論理的に評価・検証する活動が効果を発揮します。

JAMSSのIV&Vトレーニング

当社は、IV&V技術者を養成するため、JAXAの教材を用いた「IV&V技術者教育コース」として、2つのコースをご用意しております。

ベーシックコース(全2日間)

内容(身に付くスキル) IV&Vの基礎から分析方法、評価戦略の立案、リスク検知まで実践的な手法を学べます。
カリキュラム eラーニング2コマ、講義形式4コマ
対象 IV&Vを始めたい初級者から中級者
費用 200,000円(税抜)/名(最小履行人数:6名)

アドバンストコース(全1日間) ※ベーシックコース受講済みの方対象

内容(身に付くスキル) リーダー向けに、作業の全体方針と計画の作成、チーム作業の管理手法等を学べます。
カリキュラム 講義形式1コマ
対象 IV&Vチームのリーダー、リーダー候補者
費用 150,000円(税抜)/名(最小履行人数:3名)

コース受講希望の方は、お申込書をお送りいたしますので、下記お問い合わせ先までご連絡ください!

有人宇宙システム株式会社
経営企画・営業部 営業課
03-3211-2060(営業窓口)
(平日午前10時~午後5時まで受付)

メールでのお問い合わせ
jamss-sales@jamss.co.jp