THE FUTURE IS NOW

KiraraアーカイブKIRARA ARCHIVE

【更新中】国際宇宙ステーションに高品質タンパク質結晶生成サービス「Kirara」3号機を打ち上げ ー宇宙を手のひらに 宇宙実験と教育で育む夢と希望ー

2022/ 1/20

有人宇宙システム株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古藤俊一、以下「JAMSS」)は、宇宙工場モデル「Kirara」3号機を米国Space X社のドラゴン補給船に搭載し、2021年12月21日、国際宇宙ステーション(以下「ISS」)に打ち上げます。これまでKiraraでは、実験や研究目的で幅広く利用されてきましたが、3号機では搭載エリアを拡充し、新たに“Kiraraシェアサービス”を開始しました。今回は初めての試みとして、国内の学校や学習塾が参加する宇宙教育ミッションを実施し、打ち上げ品の準備を子供たちにも体験してもらいました。希望と期待にあふれる子供たちの想いをのせて、ISSに向けて打ち上がります。

詳細はこちらのプレスリリースをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000042485.html


※2021年12月21日19時07分(日本時間)、「Kirara」3号機はSpaceX社のドラゴン補給船24号機(SpX-24)に搭載され国際宇宙ステーション(ISS)に打ち上げられました。無事ISS内の欧州宇宙機関実験棟「コロンバス」に設置が完了し、これから約1ヶ月間かけて結晶生成等を行う予定です。なお、ISSとのドッキングは、予定より早く、12月22日17時41分に行われました。

※2022年1月19日23時25分(日本時間)、欧州宇宙機関の実験棟「コロンバス」に設置された「Kirara」3号機の取り外し作業が無事完了しました。地球帰還は明日1月21日の予定です。(1/20現在)

※Kirara」3号機の地球帰還は明日22日に延期となりました。(1/21現在)

なお、進捗状況はJAMSS公式Twitterでも更新予定です。
https://twitter.com/JAMSS_official

Kiraraアーカイブ一覧へ >>

12月22日(水)ISSに到着した「Kirara」3号機12月22日(水)ISSに到着した「Kirara」3号機