THE FUTURE IS NOW

ニュースアーカイブNEWS ARCHIVE

宇宙ステーションの安全と訓練技術を融合した新しい教育訓練プログラム「VAIOミライ塾」

2018/12/28

JAMSSは、国際宇宙ステーションに関わる業務で培った経験を活用し、VAIO株式会社が提供する学生向け教育プログラムである「VAIOミライ塾」に協力しています。このたび、応募頂いた高校生を対象に初めてイベントを行いましたのでお知らせいたします。

イベントは、JAXA相模原キャンパスにある宇宙探査実験棟にて、10月20日(土)と21日(日)の2日間かけて行われました。当社は、本プログラムの開発を担当するとともに、国際宇宙ステーションの安全評価エンジニアと、宇宙飛行士や運用管制要員のインストラクターが当日の講師として参加しました。
参加した高校生は、月面を模擬した実際の実験フィールドとバーチャル・リアリティ(VR)を組み合わせた宇宙への没入感を高めた環境の中で、フィールド上の遠隔操作ローバーを走行させるチーム演習を行いました。この演習通じ、国際宇宙ステーションの開発・運用を支えるリスク管理や対人調整能力など、今後、大きく変化していく未知の社会でチャレンジしていくために必要なスキルを学びました。

これまで当社では、無重力実験など宇宙のおもしろさを学ぶことを目的とした教育プログラムを実施しておりました。今回の「VAIOミライ塾」は、失敗が許されない宇宙開発に関わる業務スキルを学生の人材育成に適用した初めての試みとなります。
宇宙技術の「スピンオフ」として、次代を担う人材育成に貢献できるよう、これからも役立つコンテンツを開発して参ります。

尚、VRコンテンツ、及び遠隔操作ローバーの製作は、株式会社ハニカムラボが担当しています。

VAIOミライ塾の様子はこちらでご覧いただけます。https://vaio.com/mirai/report/vol1/(提供:VAIO株式会社)

VAIOミライ塾ホームページhttps://vaio.com/mirai/
VAIO株式会社ホームページhttps://vaio.com/
株式会社ハニカムラボホームページhttps://www.honeycomb-lab.co.jp/

ニュースアーカイブ一覧へ >>