THE FUTURE IS NOW

ニュースアーカイブNEWS ARCHIVE

世界初、宇宙でのセルロース酵素合成に成功しました!

2020/ 3/16

国立大学法人東京大学大学院農学生命科学研究科生物材料科学専攻(所在地:東京都文京区、以下「東京大学」)の砂川直輝特任助教および五十嵐圭日子准教授の研究チームと当社は、宇宙環境下でのセルロース酵素合成に世界で初めて成功しました。

東京大学 2020年3月16日 世界初、宇宙でのセルロース酵素合成に成功
https://www.a.u-tokyo.ac.jp/news/news_20200316-1.html

セルロースの合成は、当社が提供する高品質タンパク質結晶生成サービス「Kirara」を利用し、国際宇宙ステーション(ISS:International Space Station)内で行いました。五十嵐准教授らが提供する酵素試料(参考文献)を当社が独自に開発した小型恒温槽に搭載し、昨年12月6日にISSへ打ち上げたものです。約1ヶ月間宇宙環境に置き、本年1月8日に地球へ帰還しました。

2020年1月20日 「Kirara」の実証機が国際宇宙ステーションから帰還しました
https://www.jamss.co.jp/news/index.html?idx=T1579695525

宇宙工場モデル「Kirara」とは、当社が提供する創薬支援を目的とした高品質タンパク質結晶生成サービスです。1994年創業以来地上のみならず宇宙でのタンパク質結晶生成支援を行なってきたコンフォーカルサイエンス社との技術提携により実現しました。結晶を生成する小型恒温槽は、欧州宇宙機関(ESA)と商業パートナーシップを締結しているSpace Applications Services社がISS内に保有するICE Cubes Facility (ICF)を使用しています。Kiraraは日本と欧州企業が提携した商業サービスです。今回の成果は、「Kirara」のサービスが、創薬支援にとどまらず、素材分野へも適用できる可能性を広げていただけました。

プレスリリース PDF

Kiraraアーカイブ一覧へ >>

KiraraロゴKiraraロゴ