THE FUTURE IS NOW

「きぼう」運用 “KIBOU”OPERATIONS

JAMSSはISS「きぼう」日本実験棟の運用・利用において、
宇宙飛行士の安全を最優先とした有人宇宙技術を培ってきました。
極限環境で求められる究極の運用技術を駆使し、
日々地上から見守り続けています。

有人宇宙活動を的確にサポート

有人宇宙活動を的確にサポートISS「きぼう」日本実験棟

有人宇宙活動を的確にサポート

「 きぼう」における有人宇宙活動を担うことは、当社設立の目的であり、現在も最も多くの人員を擁しています。当社の運用管制員はJAXA筑波宇宙センターにある「きぼう」運用管制室で「きぼう」の状態を常時監視・制御・分析し、米国航空宇宙局(NASA)や宇宙飛行士とホットラインでリアルタイムに国際調整を行います。また、運用管制員や宇宙飛行士の訓練や宇宙飛行士の搭乗支援も担当しています。

運用管制員には専門知識はもちろん、冷静な判断力、高度な英語力、円滑なコミュニケーション力が求められるため、当社では独自の養成カリキュラムのもと、2年近くに及ぶ訓練を経て認定しています。

宇宙実験を一貫してフォロー

宇宙実験を一貫してフォロー「きぼう」船内実験室での作業

宇宙実験を一貫してフォロー

微小重力環境にある「きぼう」では地上で実施困難な実験が可能なため、さまざまな実験が行われています。当社は宇宙実験が安全かつ効果的に行えるよう、宇宙環境に合わせて実験を最適化。宇宙実験を行う研究者との綿密な調整、実験機器や試料のチェック、打ち上げ手配、宇宙飛行士への実験訓練や手順書作成などを一貫してフォローします。

実験本番では宇宙飛行士と連携し、不測の事態にもフレキシブルに対応しつつ、技術支援チームによる速やかな問題解決により運用をサポート。積み重ねた技術と知見により、華やかな宇宙実験の舞台裏を支えています。

次の宇宙探査に向けた取り組み

次の宇宙探査に向けた取り組みロボットアームの操作

次期有人宇宙探査に向けた取り組み

従来宇宙飛行士が操作していたロボットアームを地上からの遠隔操作を可能にし、「きぼう」特有の船外利用機会を飛躍的に伸ばすことに貢献。利用成果の最大化を目指すとともに国際宇宙探査に向けた技術蓄積のため、さらなる運用の高度化、効率化に挑戦し続けています。